銀杏ごはん

旬の銀杏を炊き込んだ翡翠色が美しいごはんです。
EARPICKさんに頂いたEATPICKマルシェくりやさんのオコメール「ひとめぼれ」を使用しました。
ひとめぼれのあっさり淡泊な味わいは、炊き込みご飯ととても相性が良いと思います。

unira2

フォロワー数 3

40分
材料
4 人分
2合
銀杏20粒位
天然塩小さじ半分
日本酒大さじ1
昆布5cm角位
作り方

1

銀杏は金づちやペンチで殻を割って剥き、水に浸けながら薄皮を剥いて小さい物は半分、大きめなら3等分程に切ります。

2

研いで30分程ざるに揚げた米を炊飯器の内釜に入れ、 
塩、酒、水を規定の線まで加えてよく混ぜて塩を溶かします。
切り目を入れた昆布、銀杏を加え炊飯スイッチを押します。
炊き上がったら昆布を除き、上下をふんわり返す様に混ぜ、茶碗によそいます。

3

今回はくりやさんのオコメール「ひとめぼれ」を使用。 
2合ずつ真空パックになっており、精米したての味が長持ちする嬉しいお米です。

けいたん

銀杏沢山あっても作ったことなかったです。色も綺麗で美味しそう。

1週間前

unira2

けいたんさん、コメントありがとうございます。 是非一度作ってみてくださいね。

1週間前

伽伽凛

子供の頃庭の奥で銀杏拾いを祖父母と手が匂うのを気にしながらやっていました。 銀杏は処理が大変ですね。 銀杏ご飯とは珍しい。 白いご飯に銀杏が映えてとても美味しいそう~。

1週間前

unira2

伽伽凛さん、コメントありがとうございます。 銀杏拾いは楽しいですね。処理の大変さを思うと二の足を踏んでしまいますよね。目の覚める様な翡翠色を見たい一心でお互い頑張ってみましょうか!(笑)

1週間前

関連記事・レシピ

注目のタグ