メリッサ

投稿

74

フォロー

2

フォロワー

2

焼き菓子製造販売とカフェの店主
時々手打ちパスタ教室の先生もしています。

投稿

  • 投稿

    暑い日はガスパチョ

    毎日暑いですね🥵 こう暑いと ゆでたり焼いたりする料理が辛い😫 そんな時にピッタリなのが スペインの冷製スープの ガスパチョ pic2の材料を ハンドブレンダーでガーッとして 半日くらい冷蔵庫で冷やして 全体をなじませます 器に盛り付け EXオリーブオイルと 挽きたてのコショウをガリガリと

  • 投稿

    とうもろこしの竹輪ボート

    旬の食材トウモロコシ🌽 我が家は圧力鍋で5分加圧 そのまま食べても良いのですが ちょっと手を加えて🙌 竹輪を縦半分に切って とろけるチーズを乗せて 竹輪の長さに削ぎ切りした トウモロコシを乗せて オーブントースターで チーズが溶けるまで焼きます 溶けたチーズのお陰で トウモロコシがくっついて ポロポロしません おかずや🥢 ビールのおつまみにどうぞ〜🍺

  • 投稿

    シャクシュカでおうちランチ

    Shakshoukaは 中東地域の料理で ざっくり言うと 玉ねぎ入りのトマトソースの上に 生卵🥚を落として オーブンで焼いたもの パリのカフェメニューに よく登場します 今回は ゆでたほうれん草を加えて とろけるチーズも乗せて 15分位焼きました トーストしたバゲット🥖と一緒に😋 東京は今日から4回目の緊急事態宣言 海外どころか他府県へも行けないので 外国のお料理で せめて気分だけでも 妄想海外旅行✈

  • 投稿

    堅焼きビスコッティ

    イタリアに住んでいた頃に習ったレシピで お店で販売しているビスコッティを 焼いていますが あるお客様いわく 「今まで食べたビスコッティより ずっと固くてアーモンドがたくさんはいっているのね(+_+)」 ここでちょっとイタリア語講座🤭 ビスコッティのビスは2 コット(コッティは複数形)は煮る、調理する なので 2度焼きして水分を飛ばして 保存性を高めたお菓子の意味 イタリアでは 大人はビンサントという甘い食後酒に 浸して おチビさんは 牛乳などにつけて 柔らかくして食べることが多いですが 私は固いままポリポリします このビスコッティは フィレンツェの隣町の プラートで生まれたお菓子なので ビスコッティ ディ プラートとも 呼ばれます 他にも ビスコッティーニ カントゥッチ カントゥッチーニ と呼ぶこともあり ❓❓❓❓❓ なのですが これは 地方によって呼び名が違うという ‘イタリア料理あるある’で な~んだ 同じものなのね ということが よくあるのです🤭😌😁

  • 投稿

    しそのソフトふりかけ

    前回の紫蘇シロップで エキスを絞り出したしその葉 捨てるなんて もったいないことはしません🙅 カラカラに乾かして 塩昆布とカリカリ梅と一緒に フープロでガーッ 梅酢とごまを加えて ふりかけにしました

  • 投稿

    シソシロップのソーダ割り

    梅雨入りしたものの🌧 それほど雨が降らず 湿度が高く蒸し暑い東京です🥵 そんなこの時期 お店に並ぶのが赤紫蘇 しそのシロップを作りました 鍋にお湯を沸かして 葉っぱが紫色から緑色になるまで ゆでて ザルにあけて 葉っぱをしぼり 砂糖を加えてしばらく煮て お酢を注ぐと きれいなルビー色になります 炭酸水で割ると シュワシュワ〜 爽やかです💕